映画っていいねえ。本っていいねえ。

映画や本の感想など。ネタバレ全開なので、ご注意ください。

『鬼滅の刃』の考察記事にアドレナリンが出た!

※注意!『鬼滅の刃』についてのネタバレあり。

 

 

 

realsound.jp

とても面白い記事だった!

「うわ〜、こういう考え方が好きだわ〜」と思いながら、楽しんで読ませていただきました、感謝感謝。

 

 

この中で特に興味深かったのは、

 

 

この『鬼滅の刃』は、「血鬼術を使える鬼」と「呼吸法を使える鬼」との戦いを描いた物語だと言っても過言ではないのである

 

 

という部分。

 

こういう「主人公側と敵側は実は紙一重で違っただけの存在」という描写がとても好みだったりする。

 

 

ユング派分析家・河合隼雄氏の著作が好きなのだが、そこにはしばしば「ひとりの人間の中にある“主人公的な面”と“敵対者的な面”」といった観点から古今東西の物語についての分析がなされている。

そういうわけで私も『鬼滅の刃』を読みながら、「ひとりの人間の中にある“炭治郎的な面”と“無惨的な面”」について色々と考えてみたりすることがある。

まだまだ『鬼滅の刃』については考えがまとまっていないので、ここでは考察はナシの方向で。

 

ただ、今の時点で書き留めておきたいことがあるので、以下にまとめてみる。

鬼滅の刃』の結末についても言及しているので、本当の本当の本当にネタバレ注意でお願いします!

 

 

 

 

 

 

興味深かったのが、第204話の炭治郎の描写である。

彼は無惨との戦いの中で右目と左腕を失う。その後、無惨に身体を乗っ取られるも、無事に生還する。

 

無惨による身体の乗っ取りによって、炭治郎の失った右目と左腕が再生した。それは生還したあとも変わらず。

ただ、再生した目と腕に機能性はない。腕は上げ下げくらいしかできず、肘から下の感覚はない。目も形としてあるだけで、視力は全くない。

 

この機能していない炭治郎の新しい右目と左腕は、「炭治郎の中に融合した無惨的なもの」なのではないかと思う。

河合氏の著作では、何度も「人には自分が抑圧している面があり、それを影と呼ぶ。自己実現を果たすためには影との対峙・対話を繰り返し、和解することが望ましい」といったようなメッセージが出てくる。

 

nhhntrdr.hatenablog.com

上の記事では綿矢りさ『かわいそうだね?』の主人公・樹理恵の影を彼氏の元カノ・アキヨに見立てて色々と妄想してみたりもした。

樹理恵はアキヨと対峙し、少しだけだが和解したと私は解釈している。

 

 

鬼滅の刃』で炭治郎たち鬼殺隊によって、無惨は完全に討伐される。彼に対しては救いも和解もないように見える。

ただ、炭治郎に残された目と腕が、和解の象徴なのではないかと思う。

さらに右目と左腕には機能がないという点も面白い。無惨的なものが機能すれば、また災いとなる。機能性をなくし、存在だけを残すことで無惨と和解した、と思えるのである。