映画っていいねえ。本っていいねえ。

映画や本の感想など。ネタバレ全開なので、ご注意ください。

結婚しました(ドラクエ11的な意味で)

今回の記事も『ドラゴンクエスト11S』のネタバレ全開でお送りします。また、オタク語りも全開となっているので、ご注意を!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【前回のあらすじ】

ドラクエ11をやっていたら、仲間キャラのグレイグにハマったよ。11Sでは仲間キャラと結婚できるので、グレイグのために頑張ってミッションをこなしたんだけど、ネルセンっておじさんから「故郷が復興させるまでは結婚できないよ」と言われちゃったよ。今のパーティのレベルでは故郷の復興ミッションは厳しいから、頑張ってモンスターと戦いまくってレベルを上げることにしたよ。

nhhntrdr.hatenablog.com

 

 

 

さて、タイトルにある通り、無事グレイグとの結婚にこぎ着けることができた。いやぁ、大変だった。ちょっとだけその苦労を語りたいと思う。以下、ドラクエシリーズを知らない人が読んだら、何のことだかわからないような内容になっていることを予めお伝えしておく。ごめんなさいなの。

 

 

前回の記事を書いていた時点では、メンバー全員のレベルが60~70台だった。私としては結構強くしたと思っていたのだが、故郷であるイシの村復興ミッションには低すぎた。イシの村復興ミッションは全部で4つあり、3つまでは何とかクリアできたのだが、最後のひとつに全く歯が立たない。ムンババ・邪の討伐ミッションである。

 

とにかくムンババ・邪は強すぎた。戦闘が始まった直後にラリホーマでこちらを眠らせてくる。*1さらに一撃がとてつもなく痛い。ベロニカ、セーニャが一撃で瀕死になってしまう。ロウ様とセーニャの2大回復メンバーを眠らされたときには、怒りでギエーッと叫びそうになった。ムンババちゃんったら、ひっどーい!ホント容赦ないんだからぁ!

 

何回挑戦しても、ムンババの攻撃に対して後手後手に回ることになって、気がつくと壊滅させられてしまう。どうしても勝てない。

ドラクエでこんな状況になったら、レベル上げにいそしむしかない。そういうわけで、私は天空の古戦場にこもることにした。ここだとたまにメタルキングが出現するのだ。

 

天空の古戦場で、グレイグはよく戦ってくれた。まじん斬りメタルキングを屠るグレイグ。*2敵の群れを倒すと「さあ、進むぞ!」と叫ぶグレイグ。ありがとう、グレイグ。勇者との結婚のために、こんなに頑張ってくれて。

グレイグのまじん斬りのおかげでレベルはがっつり上がり、何とかレベル80まで到達することができた。*3

やっぱりレベル上げは正義だ。レベル80で挑んだムンババは、前回の戦いが嘘のように簡単だった。

 

 

そういうわけで再度ネルセンの試練を受け、無事に「幸せになりたい」*4という選択肢を選ぶことができたのだった。更に幸せにしてくれそうな相手はとネルセンに問われるのだが、そこの選択肢はもちろんグレイグを選ぶ。

 

すると、イシの村の勇者の実家にグレイグが住むようになるんですよ!家に戻るとグレイグが待っているという、この衝撃!イシの村の人たちとの会話もグレイグとの同棲が前提の内容になっているという仕様に、ニヤけが止まらないったら。

さらに勇者に対し、ふたりきりで神の岩まで行きたいと言い出すグレイグ!うちの勇者が断るわけもなく、音速で神の岩へと向かう。

 

しかし、頂上に着いたらグレイグが勇者に言った。

「剣を抜いてくれないか」

何という朴念仁だ、グレイグ!これ、新婚旅行じゃないのか!?(絶対に違う)

勇者と理解を深めるためにやることが文字通りの真剣勝負というのが、グレイグらしいというか何というか。こういうところも可愛いといえば可愛いんだけどさぁ。

 

神の岩でのイベントが終わった後も、実家に帰ればグレイグが出迎えてくれる。朝目を覚ましたら、グレイグが待っていてくれる。勇者よ、この幸せを噛みしめてくれ。慣れない家事にいそしむグレイグ。いびきが大きいのではないかと気にするグレイグ。毎日勇者と剣の稽古ができることを喜ぶグレイグ。二人とも髪がサラサラだという共通点を発見し、はしゃぐグレイグ。グレイグのフルコースだ。

 

グレイグも元々はデルカダール城内に私室があり、身の回りのことは部下がやってくれるような環境だというのに、不便な勇者との生活を喜んでくれるのがいじらしい。勇者、お前は幸せ者だよ。シルビア姐さんが「グレイグをびっくりさせるなら、足元にカエルを置くといい」って言っていたけど、ぜひカエルを仕込んでおいてくれ。腰を抜かしているところを私も見たい。あと、ネルセンからもらったエッチな本は独り占めせずに、グレイグにも貸してあげるんだよ。

 

 

そういうわけで、私の念願は叶った。ついでに裏ボスのニズゼルファも討伐完了した。ようやく特典のボイスドラマの鑑賞ができそうだ。まだヨッチ村のクエストがいくつか残っていたり、見た目装備集めも道半ばなので、後はマイペースにプレイしたいと思う。

 

それにしても、11は過去のイベントムービーを見ることができるモードがあるのが助かる。まだグレイグに萌える前のイベントを改めて楽しめるなんて!

特に世界の異変後、最後の砦~デルカダール城のあたりのイベントはやっぱりいい。すべての任務が終わり、主君デルカダール王にねぎらわれて男泣きするグレイグの映像がマジでリピートが止まらない。男泣きには弱いんだよ。絶対に泣かない男が、それでも泣いてしまう瞬間にグッとくるんすよ!思えばこの辺りでグレイグに完落ちしたんだろうなぁ。この直後からムフフ本に造詣が深いとか、さそうおどりを仕掛けられるとバンデルフォン音頭をおどったりとか、色々とキャラ崩壊し始めるわけだけど、それもそれでギャップがたまらんかったわけで。

 

 

そんなギャップ萌えの詰まった盾おじさまことグレイグのことを、これからも応援していきたいと思います。

 

 

 

続きはこちら。

nhhntrdr.hatenablog.com

 

*1:しかも11って、ラリホーマの効果範囲が全体になっているのが困りもの。

*2:今考えてみるとメタルキング戦は、「会心必中」が使えるカミュを前線に立たせるべきだった。

*3:余談だけど、11はレベル上げが簡単なので助かる。一度の戦闘で4桁の経験値がもらえたりするから、思った以上にすぐ上がる。

*4:結婚と言ったものの、厳密に言えばエマ以外は結婚ではなく同居という扱いらしい。