映画っていいねえ。本っていいねえ。

映画や本の感想など。ネタバレ全開なので、ご注意ください。

【写真日記】YOKOSUKA軍港めぐり

togetterを閲覧していたら、以下のまとめを見つけた。 togetter.com ミリタリーについては詳しくないけど、何かすごそう!行きたい!となったので、気合いを入れて横須賀まで小旅行することにした。 以前、横須賀でYOKOSUKA軍港めぐりというクルージングツア…

結婚しました(ドラクエ11的な意味で)

今回の記事も『ドラゴンクエスト11S』のネタバレ全開でお送りします。また、オタク語りも全開となっているので、ご注意を! 【前回のあらすじ】 ドラクエ11をやっていたら、仲間キャラのグレイグにハマったよ。11Sでは仲間キャラと結婚できるので、グレイグ…

ドラクエ11廃人になりました

タイトルの通り、現在『ドラゴンクエスト11』廃人と化している。ずーっとプレイしたかったものの、うちにはプレステもSwitchもないしな、と諦めモードだったのだが、Steamで扱っていたとは! ということで、ようやく念願の『ドラクエ11』をプレイし、案の定…

最近読んでいる本についての雑感

またしても更新をサボっておりました。現在、バタバタしておりまして、腰の重い私にしては珍しく、新幹線の距離を行ったり来たりしております。基本的にスーパーインドア体質で外出嫌い。ひどいときは関東から出ないまま一年を過ごした年もあるくらいな人間…

最近観た映画の感想を手短に書いてみる(ネタバレあり)

またまた更新が滞りまして、申し訳ありません。二週間近くサボっていると、すっかり文章を書く感覚も鈍ってしまいまして(言い訳)。 今回の記事は、リハビリも兼ねた短文感想を連発するようなスタイルで行ってみたいと思います。ここ最近観た中で、記憶に残…

『オテサーネク 妄想の子供』を観て食欲を失ってしまった(ネタバレ感想みたいなもの)

※注意!『オテサーネク 妄想の子供』のネタバレがあります。 何というか、かんというか。どんでもねーもんを観てしまった。『オテサーネク 妄想の子供』。 あらすじはこんな感じだ。 子どものいない妻を慰めようと、夫ホラークは木の切株を赤ちゃんの形に削…

推しって何だ?

本日、とあるVTuberの活動休止に関するニュースを目にした。恥ずかしながら、このニュースを見るまでその人のことは知らず(老化って、こういうとこでも感じるよね)、これまでの経緯等について詳しいことも知らないという状態。ただ、この方が活動休止を伝…

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』についての雑感(ネタバレあり)

※注意!『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』のネタバレがあります。 私はマクドナルドが好きだ。モスバーガーも美味しいし、バーガーキングやフレッシュネスバーガーも愛好しているのだが、最後にはマクドナルドに戻ってきてしまう。 生まれて初めて…

『ライフイズストレンジ トゥルーカラーズ』感想(ネタバレあり)

※注意!『ライフイズストレンジ』シリーズのネタバレがあります。 『ライフイズストレンジ』シリーズの最新作『ライフイズストレンジ トゥルーカラーズ』をクリアした。 今回はコロラドが舞台。舞台となるヘイブン・スプリングスはカントリーな雰囲気の街で…

若い世代の国語力について書かれた記事を読んで、ごちゃごちゃ考えた

ネットで話題になっていた記事を読んだ。ルポライターの石井光太さんが取材で子供たちに触れる中で、国語力の低下を感じたということについての話である。読んでいて、色々と考えさせられた。 bunshun.jp

アマプラでマッチョ・ストリップショーという未知の世界に触れてみる

アマプラで『夢のマッチョ・ストリッパー発掘ショー』というリアリティショーを見ている。8話構成で、今は4話まで見たところ。とにかく筋肉ムキムキの男性が好きな人は黙って観て欲しい。お腹いっぱい楽しめるので。 私の好みはジャニーズとかK-POPなので、…

『日本の夜と霧』ネタバレ感想

※注意!『日本の夜と霧』のネタバレがあります。 大島渚監督の初期作品『日本の夜と霧』。1960年に公開された作品で、学生運動が大きなテーマとなっている。1960年と言えば安保闘争の年。6月、デモに参加していた女子大生・樺美智子が闘争の最中に圧死した事…

本日、自分に言い聞かせておきたいこと

まったく政治に興味もなく、知識もない人間なのだが、さすがに今日の事件にショックを受け、いまだに動揺している状態。 今から書くことは、私自身に言い聞かせておきたいことだ。 とにかく冷静でいること。事実ベースの情報だけを取り入れるか、いっそすべ…

『明日、私は誰かのカノジョ』1~10巻 ネタバレなし感想

よくバナー広告で見かける漫画『明日、私は誰かのカノジョ』(以下『明日カノ』)。読んでみたら、物凄く面白い!一気に最新刊まで読んでしまった。 レンタル彼女、パパ活、ホス狂、配信者の炎上といった、現代ならではのモチーフが散りばめられていて、もは…

『大島渚全映画秘蔵資料集成』を買った

欲しい欲しいと思っていた『大島渚全映画秘蔵資料集成』を購入した。新文芸坐の『戦場のメリークリスマス』上映会で著者・樋口尚文さんのサイン会が開かれると聞いて、買うなら今だと決断した次第。 6/17(金)は、新文芸坐にて『戦場のメリークリスマス 4K修…

『ライフイズストレンジ2』ネタバレ感想⑥(エピソード5~エンディング)

※注意!『ライフイズストレンジ2』のネタバレがあります。 私の趣味で始めたゲリラ企画『ライフイズストレンジ2』ネタバレ感想も最終回である。もし良かったら、最後までお付き合いいただけると嬉しい限りだ。 今回は結末についても言及しています。閲覧には…

『ライフイズストレンジ2』ネタバレ感想⑤(エピソード4)

※注意!『ライフイズストレンジ2』のネタバレがあります。 佳境に入ってきた『ライフイズストレンジ2』、感想はじまるよー。ショーンがとにかく大変だよぅ。 前回の記事はこちら。 nhhntrdr.hatenablog.com

『ライフイズストレンジ2』ネタバレ感想④(エピソード3)

※注意!『ライフイズストレンジ2』のネタバレがあります。 『ライフイズストレンジ2』の折り返し地点、エピソード3の感想はじまるよー! 前回の記事 nhhntrdr.hatenablog.com

『ライフイズストレンジ2』ネタバレ感想③(エピソード2)

※注意!『ライフイズストレンジ2』のネタバレがあります。 引き続き、『ライフイズストレンジ2』の感想です。個人的にエピソード2のショーンは特に好みですよ(どうでもいい情報)。 前回の記事 nhhntrdr.hatenablog.com

『ライフイズストレンジ2』ネタバレ感想②(エピソード1)

※注意!『ライフイズストレンジ2』のネタバレがあります。 そういうわけで、『LIS2』をプレイした感想を今回から始めようと思う。今回はエピソード1の感想だ。ちなみに前回の記事はこちら。 nhhntrdr.hatenablog.com

『ライフイズストレンジ2』ネタバレ感想①

※注意!『ライフイズストレンジ2』のネタバレがあります。 前回の記事で書いた通り、現在も『ライフイズストレンジ2』(以下『LIS2』)のプレイが止まらない状態でいる。しばらくは『LIS2』につきっきりになりそうなので、せっかくだから感想を書こうと思い…

『ライフイズストレンジ2』にハマった

※注意!『ライフイズストレンジ2』のネタバレがあります。 うっかり『ライフイズストレンジ2』(以下『LIS2』)にどハマりしていた。『1』にもどハマりしていたことがあるのだが、『2』も負けないくらいに面白い。一回目のプレイ時は、やめ時が見つからずに…

『ジョジョ・ラビット』ネタバレ感想

※注意!『ジョジョ・ラビット』のネタバレがあります。 『ジョジョ・ラビット』を今さら観た。良かった!めちゃくちゃ良かった!もっと早く観るべきだった! そういうわけで、私は傑作に出会えた喜びで少々興奮している。以下の文章も、興奮が抜けきっていな…

最近観た映画についてネタバレ感想(2022/5/22、『えんとつ町のプペル』、『君の名前で僕を呼んで』)

※注意!『えんとつ町のプペル』、『君の名前で僕を呼んで』のネタバレがあります。 すみません、更新をサボっていました。基本的に気まぐれな人間なので、更新の頻度にムラが出てしまうのがいけないなぁと反省しております。今後も気まぐれ更新で続けていく…

『エセルとアーネスト ふたりの物語』ネタバレ感想

※注意!『エセルとアーネスト ふたりの物語』のネタバレがあります。 子供の頃、『さむがりやのサンタ』の絵本が好きで、何度も何度も読んでいた。その作者レイモンド・ブリッグズ原作の映画ということで、興味を惹かれて『エセルとアーネスト ふたりの物語…

映画に関する雑記(2022/05/02『戦場のメリークリスマス 4K修復版』等)

本文でも書いているが、先日、新文芸坐に行ってきた。せっかくなのでビジホを予約して、ホテルでだらーっとしたり、池袋をブラブラしたり、タカノフルーツパーラーで苺パフェを食べたりして、一人旅を満喫したのだった。 いやー、楽しかった!最後の一人旅は…

キーホルダーを替えた

家の鍵に付けているキーホルダーを新調した。先代は30年近く使っていたから、今でも新しいキーホルダーを見るたびに戸惑う。 先代のキーホルダーは確か小学生の低学年あたりの頃にもらったもの。友達が天橋立に行ってきて、そのお土産として私にくれたのだ。…

『茜色に焼かれる』ネタバレ感想――彼女は理不尽さを超えて生きていく

※注意!『茜色に焼かれる』のネタバレがあります。 コロナ禍の時代を舞台にしていると聞いていたので、ずっと『茜色に焼かれる』には興味を持っていた。ようやく観ることができて嬉しく思っている。 主人公が歩くシーンで寸刻、主人公からの目線のカットにな…

『戦場のメリークリスマス』感想3回目。作品中の裏切りについて考えてみた。

※注意!『戦場のメリークリスマス』、「影さす牢格子」「種子と蒔く者」(ヴァン・デル・ポスト『影の獄にて』収録)のネタバレがあります。 二回ほど『戦メリ』についての感想を書いてきたが、その後で、ふと目に止まった言葉があった。 セリアズ役のデヴィ…

映画に関する雑記(2022/4/10、『ディア・エヴァン・ハンセン』『戦場のメリークリスマス』)

『戦メリ』上映のため片道三時間くらいかけて埼玉県に行ったり、『ディア・エヴァン・ハンセン』のブルーレイが遂に我が家に来たりと、この週末は私の趣味的に忙しかった。 『ディア・エヴァン・ハンセン』をこれからは観たいときに観られるということで、私…